PAGE TOP

車は世界中にくまなく普及しつつあり、それに伴い様々な環境に外装部品はさらされることになりました。

特にロシア等の寒冷地において、融雪剤(塩化カルシウム)によるプラスチックめっきの剥がれ問題は、寒冷地仕様車にとって大きな問題となっており、その環境に対応しためっきが望まれています。

当社では寒冷地向け製品でしばしば発生する塩カル起因による腐食問題を解決する為、専用の三価クロムめっき液を開発、量産をスタートしました。

塩害対策めっき

ロシア向け 耐塩カル高耐食性 三価クロムめっき

外装品めっき(寒冷地向け)

耐塩カル高耐食性

特殊三価クロムめっき

加飾めっき

<塩害対策用CLめっき皮膜 環境評価試験結果>

①めっき仕様        TP-10CL(塩カル対策用特殊三価クロムめっき)

②評価サンプル素材材質   ABS樹脂(ナチュラル)

③めっき膜厚(単位;μm)  銅13.5  ニッケル11.7  CLめっき0.23

 

試験内容 試験条件 判断基準
(1) コロードコート試験 16時間 錆・変色無きこと(局部腐食10%超えない事
(2) キャス試験 30時間 錆・変色無きこと
(3) 塩水噴霧試験 72時間 錆・変色無きこと
(4) 冷熱繰り返し試験 4サイクル(※1) 膨れ無き事
(5) 耐溶解錆性能確認試験 2サイクル(※2) 変色・膨れ・白くもり無きこと

※各試験方法は、JIS規格に準じて実施・評価を行う。

※1 {-30℃/1時間→室温(20℃)/15分→70℃/1時間→室温(20℃)/1時間} × 4回

※2 試験泥塗布→室内乾燥(1時間)→-20℃/15時間→35℃、60%/5時間×2回

試験内容 試験結果 判定
(1) コロードコート試験 錆・変色なし  OK       
(2) キャス試験 錆・変色なし OK
(3) 塩水噴霧試験 錆・変色なし OK
(4) 冷熱繰り返し試験 外観異常なし OK
(5) 耐溶解錆性能確認試験 外観異常なし OK

加飾めっき

塩害対策めっき

(C)塚田理研工業株式会社-Tsukada Riken Industry Co.Ltd

ロシア向け 耐塩カル高耐食性 三価クロムめっき

<塩害対策用CLめっき皮膜 環境評価試験結果>