PAGE TOP

塚田理研工業は1963年の創立以来、「非常識への挑戦」を通してハイテクな「めっき」技術の創造を進めています。「非常識への挑戦」とは、他社がやらない、そんなことは無理だ、と言われるような事に果敢に挑戦し、結果として「今の常識」に変えてしまう事です。当社の55年の歴史はまさに非常識への挑戦の連続でした。プラスチック上へのめっき、めっきの完全自動化、50色を超える色彩あるめっきの量産化等の他、「きつい、汚い、危険」と言われていためっき現場の環境を「臭わない、汚くない、安全」な環境へと変えてきました。これからもハイテクなめっき技術のさらなる進化に誇りをもって挑み、日本のモノ作りを世界に発信し続ける中で、人々の豊かな生活と社会発展に貢献してまいります。

 

世の中の変化はますますスピードを上げています。携帯電話の進化により世界のどこにいてもオンタイムで最新の情報が手に入る時代、長野県に本社工場を持つことはデメリットにはなりません。むしろ環境豊かな場所で、自然に育まれた良質な水や空気は最先端めっき技術には大変重要であり、この環境にある事こそが、世界に負けないハイテク技術を育む最高の立地と言えます。携帯の高機能化、通信の超高速化、人工知能の発達、自動運転技術やガソリン車から電気自動車への急激なシフト等、過去100年培われてきた技術が大きく変わろうとしています。この変化はまさに今までの常識が通じない、非常識への挑戦が求められている時代です。今までの常識にとらわれず、新たな非常識へと挑戦することで大きなチャンスが生まれる時代でもあります。

 

この変化の大きな時代の中、より「本物の価値」を生み出す事を重視した付加価値の高いモノづくりへ向け、その技術、その価値を生み出し、進化させ、全世界へ発信できる活力と個性あふれる若者を必要としています。 そして、皆さんにとってもやりがいと力を発揮できる職場作りに日々取り組んでいます。

 

会社の成長は社員一人一人の自己の成長があって事初めて成し得る事です。成長を自覚でき、将来設計のできる会社であること、そして従業員満足度の向上から顧客満足度の向上へとつながり、社内の改革改善が進み、結果として社員がまた成長し、世界からより選ばれる会社へと会社自身も成長する。 その為に長野県発の世界に通用する独自技術を磨く。また、恵まれた長野県の自然環境が与えてくれている恩恵に感謝し、地域への貢献もきちんとできる会社。温故知新で顧客の求める新たなモノを創造する、顧客の予想を上回るモノづくりのできる会社になっていき、社員が長期で安心して、そして楽しく務められる環境づくりを会社として全力で支援します。

 

55年変わらずに掲げる経営方針「創造と革新に熱意で挑戦」。この想いを胸に、新たな非常識へと挑戦する為に、自ら考え、行動に移し、そして成長していくチャレンジ精神が求められます。我々の活躍するフィールドは世界へと無限に拡がっています。 非常識への挑戦で世界を変える! そんな熱い思いに共感してくださる皆さんを心から待っています。

 

塚田理研工業株式会社

専務取締役 下島聡

 

 

専務からの声

専務から就職活動中の皆さんへメッセージです

採用情報

採用情報

専務からの声

(C)塚田理研工業株式会社-Tsukada Riken Industry Co.Ltd

塚田理研工業は1963年の創立以来、「非常識への挑戦」を通してハイテクな「めっき」技術の創造を進めています。「非常識への挑戦」とは、他社がやらない、そんなことは無理だ、と言われるような事に果敢に挑戦し、結果として「今の常識」に変えてしまう事です。当社の55年の歴史はまさに非常識への挑戦の連続でした。プラスチック上へのめっき、めっきの完全自動化、50色を超える色彩あるめっきの量産化等の他、「きつい、汚い、危険」と言われていためっき現場の環境を「臭わない、汚くない、安全」な環境へと変えてきました。これからもハイテクなめっき技術のさらなる進化に誇りをもって挑み、日本のモノ作りを世界に発信し続ける中で、人々の豊かな生活と社会発展に貢献してまいります。

 

世の中の変化はますますスピードを上げています。携帯電話の進化により世界のどこにいてもオンタイムで最新の情報が手に入る時代、長野県に本社工場を持つことはデメリットにはなりません。むしろ環境豊かな場所で、自然に育まれた良質な水や空気は最先端めっき技術には大変重要であり、この環境にある事こそが、世界に負けないハイテク技術を育む最高の立地と言えます。携帯の高機能化、通信の超高速化、人工知能の発達、自動運転技術やガソリン車から電気自動車への急激なシフト等、過去100年培われてきた技術が大きく変わろうとしています。この変化はまさに今までの常識が通じない、非常識への挑戦が求められている時代です。今までの常識にとらわれず、新たな非常識へと挑戦することで大きなチャンスが生まれる時代でもあります。

 

この変化の大きな時代の中、より「本物の価値」を生み出す事を重視した付加価値の高いモノづくりへ向け、その技術、その価値を生み出し、進化させ、全世界へ発信できる活力と個性あふれる若者を必要としています。 そして、皆さんにとってもやりがいと力を発揮できる職場作りに日々取り組んでいます。

 

会社の成長は社員一人一人の自己の成長があって事初めて成し得る事です。成長を自覚でき、将来設計のできる会社であること、そして従業員満足度の向上から顧客満足度の向上へとつながり、社内の改革改善が進み、結果として社員がまた成長し、世界からより選ばれる会社へと会社自身も成長する。 その為に長野県発の世界に通用する独自技術を磨く。また、恵まれた長野県の自然環境が与えてくれている恩恵に感謝し、地域への貢献もきちんとできる会社。温故知新で顧客の求める新たなモノを創造する、顧客の予想を上回るモノづくりのできる会社になっていき、社員が長期で安心して、そして楽しく務められる環境づくりを会社として全力で支援します。

 

55年変わらずに掲げる経営方針「創造と革新に熱意で挑戦」。この想いを胸に、新たな非常識へと挑戦する為に、自ら考え、行動に移し、そして成長していくチャレンジ精神が求められます。我々の活躍するフィールドは世界へと無限に拡がっています。 非常識への挑戦で世界を変える! そんな熱い思いに共感してくださる皆さんを心から待っています。

 

塚田理研工業株式会社

専務取締役 下島聡