PAGE TOP

 昭和38年頃

企業情報/メッセージ

沿革

年代 内容
昭和21年 (1946) 塚田理化学研究所を設立、電気めっきを始める。
昭和38年 (1963) プラスチックめっき専門工場として資本金300万円で塚田理研工業株式会社を設立。
昭和41年 (1966) バレルによるプラスチックめっきの量産化に成功、ボタン等小物製品の製造合理化を実現。
昭和43年 (1968) 「金型→成形→めっき塗装」までの一貫生産体制を確立。
昭和46年 (1971) イオン交換式総合排水処理装置を設備。(排水リサイクル装置)
昭和48年 (1973) 資本金を1,200万円に増資。
総工費1億円を投じて全自動めっき装置を設備したプラスチック量産工場を建設。
昭和55年 (1980) 業務拡張の為総工費1億2千万円を投じて、全自動めっき装置を増設。
昭和57年 (1982) 資本金3,000万円に増資。
昭和59年 (1984) 業務拡張の為、総工費2億5千万円を投じて、全自動めっき装置を増設。
昭和62年 (1987) 業務拡張の為、シールドめっきライン、バレルめっきラインを増設。
平成 1年 (1988) 新社屋完成。イオン交換式総合排水処理装置を増設。
平成 2年 (1989) 業務拡張の為、レーザー加工装置を新設。
平成 6年 (1993) 総工費3億8千万円を投じ、建物および機械装置を増設。
平成 9年 (1997) 全自動プリント基板電解金めっき装置、ロボット塗装装置を新設。
平成11年 (1999) ISO9002の認証取得。マグネシウム化成処理ライン新設。
平成13年 (2001) 合金自動めっきライン新設。
平成14年 (2002) ISO9001の認証取得。全自動プリント基板無電解金めっき装置新設。
平成15年 (2003) 業務拡張の為、工場増設(工費 1億5千万円)
平成16年 (2004) ISO14001の認証取得。 全自動プラスチックシールドめっきライン増設。
ダイレクト全自動プラスチックめっきライン増設。
平成17年 (2005) 排水リサイクルセンター新設 - イオン交換装置(60t/hの処理能力)
平成18年 (2006) 4F建工場新設(総床面積6,093㎡)全自動プッシャー式プリント基板電解金めっき装置増設。
塗装設備増設(ロボット、クリーンルーム)、全自動無電解金めっき装置増設。
平成20年 (2008) 液化天然ガス(LNG)サテライトを設置。
地球温暖化防止のため、めっき液を加温するボイラー燃料をA重油からLNGに切替。
平成21年 (2009) マグネシウム合金へのめっきライン完成
平成22年 (2010) イオンプレーティング設備導入。ドライプロセスのめっきをスタート。
平成24年 (2012) 第四工場を増設(5月)。
平成24年 (2012) 中国工場を開業(12月)。
平成25年 (2013) 6軸マスキングロボットを導入
平成28年 (2016) 第3工場3階に塗装手吹きブース2基増設
平成29年 (2017) 第3工場1階に最新鋭めっきライン増設
平成29年 (2017) PL処理ロボット2台増設

 昭和45年頃

現在

企業情報/メッセージ

沿革

(C)塚田理研工業株式会社-Tsukada Riken Industry Co.Ltd