PAGE TOP

クロム酸フリーエッチング

新技術

クロム酸フリーエッチング

樹脂へのめっき技術により、軽量な樹脂に本物の金属光沢外観を得る事ができ、その用途は家電やパソコン、スマホ、水栓金具、そして自動車へと様々な分野の軽量化、装飾の加飾性向上にご使用いただいております。一般的な樹脂めっきはABSが使用され、密着性の高いめっきを施す為に従来からクロム酸によるエッチング方式が用いられています。

しかし、世界的にクロム酸の有害性が問題視されており、クロム酸フリーのめっき技術が求められています。

当社では、ABSのみならず、様々な樹脂、エンジニアリングプラスチックに対し、クロム酸フリーなめっき工法を確立する為、様々な研究開発を行っております。

PAやPPS樹脂、LCP、PEI、POM等は既にクロム酸フリーなめっきの量産を行っており、自動車の内装や電子部品に採用いただいております。

また、関東学院大学 材料・表面工学研究所様との連携により、クロム酸フリーエッチングの様々な工法の開発を進めております。

当社で量産・開発を進めているクロム酸フリーめっき工法の事例

・クロム酸以外のケミカルエッチング工法

・化学薬品フリーの改質水を利用した環境対応型工法

・特殊処理による樹脂表面改質を行うエッチング工法

・ドライプロセスとの融合方式 等。

ドライプロセス装置

エッチング工法

クロム酸フリーエッチングによる試作、量産のご相談・ご要望がございましたらお問い合わせください。

新技術

クロム酸フリーエッチング

(C)塚田理研工業株式会社-Tsukada Riken Industry Co.Ltd