PAGE TOP

■めっき後のプラスチックの微細な収縮や変形を3次元で自動測定することができる精密測定機です。自動演算処理能力に優れ、形状偏差測定や、曲面形状加工品の輪郭形状測定も可能です。

品質管理/ISO9001

製品測定・分析機器

測定・分析機器

三次元測定機

三次元測定機

■最大300倍までの表面観察が可能なマイクロスコープです。不具合解析や新たな開発中のめっき皮膜観察などをカラー画像で観察する事ができます。

マイクロスコープ

■従来の研磨では完璧な鏡面仕上げが難しい柔らかい材料や切断の難しいセラミックス、ガラス、などの断面を作ることができます。

クロスセクションポリッシャー(CP)

■最大30万倍の微細測定が可能な電子顕微鏡に、表面成分分析機能が付いた高機能電子顕微鏡です。従来の機械研磨ではつぶれて観察できない構造を観察することが可能です。また、観察している表面の成分分析ができ、不具合などの原因究明に役立ちます。

表面成分分析機能付き走査型電子顕微鏡

断面観察結果

元素分析モニター

■不良解析は、走査電子顕微鏡(SEM)やマイクロスコープを駆使して、素材、めっき面の表面分析および成分分析を行い、迅速に不良原因の究明し、再発の徹底防止に努めます。

また、めっきをして初めてわかる素地や金型に起因する不良に対しても、最新の分析機器を使って分かり易くお客様各位に説明し、その対応策のアドバイスをさせて頂きます。

SEMによる素材表面観察

最大30万倍の倍率での観察により、不良原因を的確に判断し、対応を図ります。

エッチング後の表面観察結果

(成形状態が悪い部位)

密着強度が弱く信頼性に欠ける

エッチング後の表面観察結果

(成形状態が良い部位)

密着強度があり正常なエッチング状態

液分析機器

日々高精度な機器を駆使して、環境に配慮した安定品質管理に努めています。

有機炭素分析装置(TOC)

液中の有機物質濃度を測定します。水質のチェックやめっき液の汚れ度合いの測定が可能です。

ICP発光分析装置

めっき液の金属元素の定性/定量分析がより高精度に行うことができます。液の安定管理に活躍しています。

キャビラリー電気泳動装置

めっき液の定量分析が可能です。イオン濃度の測定が可能で、めっき液中の塩化イオンや硫酸イオンの測定ができます。

品質管理/ISO9001

測定・分析機器

(C)塚田理研工業株式会社-Tsukada Riken Industry Co.Ltd